青山学院大学 理工学部

ABOUT学部長ご挨拶/学部概要(沿革)

学部長ご挨拶

理工学部長 長 秀雄  Hideo Cho

POINT

  • 学生のチャレンジ精神を刺激する充実した教育プログラム
  • 先進的な研究センターから広がる世界をリードする研究
  • 揺るぎない実力を養えるカリキュラムと成長を実感できる研究環境

本学理工学部には、助手・助教を含めると約135名の教員が在籍し、充実した体制のもと学生に対して熱意をもって教育・研究に携わっております。教育では、3年次までは理工学の基盤となる必修科目をはじめ、学生自身の興味に合わせて選択できる選択必修科目を多く設けており、各学科において確かな基礎学力に基づいた専門性を養えます。また、高く評価されている全学部共通教育システムの青山スタンダードでは、学部を超えた豊かな教養やコミュニケーション能力等を身に着けられます。
最近では2年次から自らが興味を持った対象に積極的にチャレンジできる「理工学高度実践プログラム」や留学などのグローバル化に対応した「理工学国際プログラム」など学生一人一人にあったプログラムを展開しております。

また、本理工学部は、3つの先進的な研究センター(先端技術研究開発センター / CAT(Center for Advanced Technology),先端情報科学研究センター/CAIR(Center for Advanced information Technology Research) や機器分析センター)を附置しており、「世界をリードする研究」・「外部に開かれた研究」を基本理念に多彩な研究開発が展開され、様々な国のプロジェクトに選定されるなど数多くの成果を上げてきました。さらに、他大学や企業等との共同研究も活発的に行っており、その研究テーマは、実用化を目指したものから最先端のテーマまであります。学生にとっては4年次から始まる卒業研究において、これらのテーマに接することで大きな成長を実感でき、今後の飛躍への一歩を踏み出すことができます。

このような理工学部の充実したカリキュラム・研究環境の中で、ゆるぎない実力を養い、さらにクラブ活動等を通じて自分の可能性を広げて実りある大学生活が送れることを約束します。

学部概要(学科紹介)

沿革

1965年 大学廻沢キャンパス(1971年世田谷キャンパスに改称)を開学し、理工学部(物理学科、化学科、機械工学科、電気電子工学科、経営工学科)を置く
1970年 理工学研究科(物理学専攻、化学専攻、機械工学専攻、電気電子工学専攻、経営工学専攻)修士課程を開設
1971年 理工学研究科(物理学専攻、化学専攻、機械工学専攻、電気電子工学専攻、経営工学専攻)博士課程を開設
1986年 学生入学定員を物理学科・化学科各80名を90名、機械工学科・電気電子工学科・経営工学科各80名を100名に増員(学部計480名)
1987年 学生定員を機械工学科・電子電機工学科・経営工学科各100名を110名に臨時的増員(学部計 510名)
1997年 理工学部附置先端技術研究開発センター設置
2000年 機械工学科、経営工学科を改組し、機械創造工学科、経営システム工学科、情報テクノロジー学科を設置
2002年 21世紀COEプログラムに採択
2003年 世田谷キャンパスを閉鎖し、相模原キャンパスを開設。理工学部および理工学研究科を相模原キャンパスに移転し、全学生の就学キャンパスとなる。理工学部附置機器分析センター設置
2004年 物理学科、化学学科を改組し、物理・数理学科、化学・生命科学科を設置。理工学研究科を改組し、1専攻8コース(基礎科学コース、化学コース、機能物質創成コース、生命科学コース、電気電子コース、機械創造コース、知能情報コース、マネージメントテクノロジーコース)を設置
2006年 理工学研究科博士前期課程の学生定員を80名から160名に拡充
2011 理工学部の学生定員の増員(495名から595名に増員)
2014年 理工学部に理工国際コースと高度実践コースを設置
2018年 理工学部附置先端情報技術研究センターを設置