卒業生からのメッセージ

秋光研究室
石川 拓也
Takuya Ishikawa
大学:2011年3月卒業
出身高校:私立水城高等学校
クラブ・サークル:理工軟式野球部
現在:筑波大学大学院 数理物質科学研究科 物性分子工学専攻 門脇研究室
現在取り組んでいること:学部時代に興味を持った研究分野について学びつつ専修免許の取得にも取り組んでいます。
何をポイントに就職先・進学先を決めましたか?

まず、自分の興味や関心の湧くものがそこにはあった事が一番の決め手です。また、充実した研究生活を送るため、最先端の設備や外部研究機関との関係が整っていた事も大きかったように思います。何より研究室や大学の雰囲気も自分にあっていると感じていました。

就職活動・進学の勉強で心がけたことは何ですか?

積極的に進学先と連絡を取り、情報をかき集める事を心掛けました。これにより、自分に必要な勉強をスムーズに進める事が出来ました。また、色々な情報から進学先で自分は何がしたいのか、何が出来るのかを考える事が当日の面接にも活かされたと思います。

青山学院大学理工学部を卒業してよかったと思うことは何ですか?

所属が物理・数理学科であった事もあり、物理的・数学的な見地から物事を眺めた時の違いや面白さについて学ぶ事が出来ました。何より秋光純教授の下で超伝導体における最先端の研究をした事はこれ以上ない経験です。また、研究と両立して理科と数学の教諭第一種免許状を取得できたのは、先生方・教員の方のご指導ご助言のおかげです。

現在のお仕事内容・研究内容についてお聞かせください。

学部時代に興味を持った超伝導体の研究を行っています。現在は、高温超伝導体の大型、高品質単結晶の育成を行い、様々な実験的手法を用いて高温超伝導体の電子状態の解明に取り組んでおります。

今後、社会人・研究者としてどのような目標を立てていますか?

今後は、超伝導体の発現機構を統一的に理解できる事を目標に研究を進めていきたいと思います。また、現在行っている研究以外にも、多方面に目を向け、探究心を燃やして研究者として将来の教員としての幅広い知識を養っていきたいと思います。

高校生や新入生に向けて、アドバイスやメッセージをご記入ください。

これから迎える大学生活は間違いなく人生で一番自由な時期です。でも気をつけてください。自由だからと暢気に生活しているとあっという間に終わってしまうのが大学生活です。自由を如何に楽しむか苦しむかは行動して始めて経験できる事だと思います。頑張って自由を楽しんでください。

▲TOPへ戻る▲

copyright(c)2003-2014 Aoyama Gakuin University College of Science and Engineering All Rights Reserved.