青山学院大学 理工学部 研究者情報

横田 研究室
青山学院大学 理工学部 教授
横田 和彦
航空宇宙工学/推進工学/原動機学/流体力学/流体工学/流体機械学/流体機器学
〒 229-5258 神奈川県相模原市中央区淵野辺5-10-1
Tel/FAX:042-759-6214
E-mail: yokota@me.aoyama.ac.jp
主たる研究テーマ
航空宇宙流体力学を中心に、流れに関連した様々な現象と、その現象の工学的応用について研究しています。 例えば、特性解明としては、流体関連振動・流体-構造体連成振動、特殊流体・非ニュートン流体、各種壁面性状における流動特性の解明、旋回流をはじめとする渦流れなどがあり、これらの工学的応用としては、フラッタ発電、フラッタ混合促進機、流動抵抗低減法などがあります。
航空宇宙エンジン
超音速柔軟体フラッタによるスクラムジェットエンジン燃焼室内の混合促進
エアーターボラムジェットエンジンプリクーラ内流れ
流体関連振動・流体-構造体連成振動・フラッタ
フラッグミキサー(フラッタを利用した混合機)
フラッグミル(フラッタを利用した発電)
特殊流体・非ニュートン流体
界面活性剤溶液の流れ
高分子溶液等の流れ
流体機械・ターボ機械
超音速翼列流れの流体不安定現象
キャビテーション流れ
旋回逆流
流動抵抗低減
リブレット面上の流れ
柔軟壁面上の流れ
マイクロマシン
マイクロポンプの性能特性
マイクロ飛行体の流れ
渦流れ
旋回流
弾性板によるエッジトーン励起による混合促進
研究内容キーワード
航空宇宙エンジン
流体関連振動
流体機械・ターボ機械
特殊流体・非ニュートン流体
流動抵抗低減
マイクロマシン
渦運動
実験流体力学・数値流体力学・理論流体力学
研究内容
流体関連振動・流体-構造体連成振動のうち、特にフラッタを利用した混合促進や発電などの技術研究があります。

超音速フラッタ

柔軟体に超音速流中でフラッタを生じさせ、これを利用して超音速混合促進をする技術の開発を目指しています。

エッジトーン

弾性板に噴流を衝突させて、フラッタを生じさせ、これを利用して、エッジトーン励起・増幅を行い、混合促進をする技術の開発を目指しています。
研究者情報
研究者ホームページ
▲TOPへ戻る▲

copyright(c)2003-2014 Aoyama Gakuin University College of Science and Engineering All Rights Reserved.