青山学院大学 理工学部 研究者情報

高橋淳二
青山学院大学 理工学部 助教/博士(工学)
高橋 淳二
Junji Takahashi
          

科学技術の発展により、近年では様々な人工物が日常生活にあふれています。これら人工物をより効率よく効果的に扱うには、人から人工物への情報伝達、人工物から人への情報伝達、或いは、人と人工物の連続的な情報交換のあり方を適切に設計することが重要です。私の研究では、より直観的で扱いやすい入力インタフェース、装置の状態を分かりやすく提示するデバイス、さらには装置を使うユーザのクセを学習し、ユーザに適応していく知能化インタフェース、など人に接するあらゆる人工物の設計・構築を通して、人と人工物のあり方を考究します。「扱いやすい」、「分かりやすい」、「飽きがこない」、などと人工物の設計基準を人を中心におくことで、人の認知過程の解明や人の認知特性の活用といった方向への発展も視野に入れています。
研究テーマ
Human-Macnine Interaction
研究者情報
▲TOPへ戻る▲

copyright(c)2003-2014 Aoyama Gakuin University College of Science and Engineering All Rights Reserved.