青山学院大学 理工学部 研究者情報

松原俊一
青山学院大学 理工学部
助教/博士(国際情報通信学)
盛川 浩志
Hiroyuki Morikawa
          


人間工学分野における研究では、モノの使いやすさやヒトに対する安全性の向上を主題とした研究が多く行われています。その中で私は、新しいメディアやデジタルデバイスなどを対象にし、「使いやすい」から「使ってみたい」インタフェースを開発することを研究テーマとしています。
現在、特に注目しているのが、錯覚を用いたインタフェースです。視覚と触覚のマルチモーダルな感覚相互作用による錯覚を利用し、「見ることで触った感覚が得られる」インタフェースについて、その実現を目指しています。錯覚の発生については、認知心理学的な知見や、脳科学分野における計測手法などを応用し、その表現手法の確立や評価方法の検討を行っています。錯覚を用いた表現方法を確立することで、ヘッドマウントディスプレイやARといった新しいメディアの普及や、そのメディアならではのコンテンツ開発が可能になると期待しています。

研究テーマ
人間工学
ヒューマンインタフェース
バーチャルリアリティ
研究者情報
▲TOPへ戻る▲

copyright(c)2003-2014 Aoyama Gakuin University College of Science and Engineering All Rights Reserved.