青山学院大学 理工学部 研究者情報

松原俊一
青山学院大学 理工学部 助教/博士 (理学)
松原 俊一
Shunichi Matsubara
          


私は言語の形式的なモデルやそれを取り扱うための理論、さらにその応用技術を中心に研究しています。コンピュータによって処理される言語は、無数存在します。プログラミング言語だけに限定しても、研究分野や応用技術ごとに主流な言語が時代とともに変化するため、正確な数は容易に把握できません。これは言語というものの性質上避けることが難しいのかもしれません。

また日本語のような自然言語の処理についても、情報の収集や検索、あるいは自動的な翻訳などの背後には、文字や言語に関する技術や研究が存在しています。こうした言語に関する技術や研究のうち、人間が読めるプログラミング言語を機械の言葉に翻訳するための技術や、その方法に対する評価の枠組みそのものが私の主な研究対象です。

例えば、プログラミング言語のような人工的な言語と自然言語との大きな違いの一つである曖昧性に関する研究です。曖昧性には,構文からの問題や意味からの問題など様々なレベルのものがあります。それぞれの性質の特徴付けを行い、効率的な処理方法を見つけだしていく必要があります。その他自然言語の個々の構文の分析や形式的なモデルに関する表現能力の差による分別なども重要と考えています。

研究テーマ
形式言語、計算可能性、計算複雑性
研究者情報
研究者ホームページ
▲TOPへ戻る▲

copyright(c)2003-2014 Aoyama Gakuin University College of Science and Engineering All Rights Reserved.