青山学院大学 理工学部 研究者情報

山口研究室
青山学院大学 理工学部
准教授/博士(環境学)
Guillaume LOPEZ
ロペズ ギヨーム
人間と生活環境を調和に結び付けるマルチメディア機器を目指して

最近無線通信ネットワークの普及と高速化や、スマート家電の出現により、スマートフォンが生活に欠かせないマルチメディアデバイスになってきました。
ロペズ研究室では、より快適で健康な生活を支える目的として、スマートフォンの性能をさらに伸ばす事と共に、情報と環境をウェアラブル化する次世代マルチメディアシステム(機器とアプリ)に関する研究開発を行っている。

具体的に、既存および自作の小型な計測機器(万歩計、心拍計など)を用いて人間体が発信している信号を取得する。そして、信号処理とデータ分析技術により、体と心の状態を解き、携帯端末(腕時計、メガネ、スマートフォン等)上で表示、管理を行う。最後に、無線通信技術を用いて、周辺環境の情報を取得し、コンテキストを推定することで、日常生活における個人の快適度と環境の省エネルギー化を両立するための指令、推薦、表示を行う。

研究テーマ
ウェアラブルコンピューティング、マルチメディアデバイス、人間情報学、環境情報学
研究者情報
研究者ホームページ
▲TOPへ戻る▲

copyright(c)2003-2014 Aoyama Gakuin University College of Science and Engineering All Rights Reserved.