物理・数理学科概要

物理・数理学科で学べること

  物理学は、実験とともに、自然現象を記述する言葉として数学を用いながら、また数理科学はそれ自身の発展とともに、物理学の新しい概念を記述する言葉として、互いに深く影響を与えあいながら発展してきました。

  「物理・数理学科」では実験を通して物理の最先端の研究が行われている一方で、数理的な考え方を重視して自然現象を解明する研究が行われています。

物理・数理学科では基礎から専門へ自然に理解が進むような系統的なカリキュラムを組んでいます。1、2年次には物理学および数学の基礎部分を「物理コア科目」、「数理コア科目」等を通して学びます。3年次になると各自の興味に応じて「物理コース」、「応用物理コース」、「数理コース」の 3コースに分かれて学びます。コース間の垣根を低くすることにより、コース間の移動がある程度自由にできるようになっていますので、自分の適性を見極めながらコース選択、あるいはコース変更をすることができます。

「物理コース」では、量子力学や統計力学を深く学び、現代物理学の先端を探求します。「応用物理コース」では、科学技術を支える物理学の応用として、電気電子工学分野も含めて学び、視野を広げます。「数理コース」では、現代数学の先端を学び、数学的な考え方、論理的な思考能力を身につけることにより、研究者を目指す学生はもとより、社会に出ても応用力のある、柔軟な考え方のできる学生を育てることを目標としています。

1年次

1年次は「基礎物理学」「基礎物理数学」「線形代数」「解析」などの基礎となる講義や演習を通じ、物理学および数学の考え方を学び、自らの頭で考え、理解する習慣を身につけます。実験の授業も始まり、物理現象に対する理解と好奇心を深めます。


2年次

2年次は、各コースに共通の基盤となる科目を学びます。選択必修の「物理コア科目」「数理コア科目」には物理学・数理科学各分野の専門学習、実験科目が配置されています。さらに物理・数理学科ではコンピュータによる各種演習等を配置するなどコンピュータ教育にも力をいれています。


3年次

3年次になって「物理コース」、「応用物理コース」、「数理コース」の3コースに分かれます。

物理コースでは量子力学、統計力学などをさらに深く学び、固体物理や原子核物理など現代物理の先端が理解できるようにします。

応用物理コースでは、電気電子工学科や化学・生命科学科の講義も受講していろいろな分野への視野を広げます。

数理コースでは代数、幾何、解析の現代数学の基礎部門を学びます。


4年次

4年次になると 17研究室(物性実験 3、物性理論 1、統計物理学 1 、宇宙物理学実験 2、宇宙物理学理論 1、生物・高分子物理学実験 1、原子物理学実験 1、複雑系物理学 1、数理科学 6)の各研究室に分かれて卒業研究を行ないます。
学生は教員の指導を受けつつ一体となって実験、研究を行ないます。
最前線の研究を行ない、学会で研究発表する学生もいます。


学部卒業後

学部卒業後、約3割の学生が大学院に進学します。
中学、高校の数学および理科の教職免許を取ることができます。
多くの卒業生が、電気・機械・情報産業その他の方面に就職し活躍しています。
公式どおりにしていては打開できない困難にぶつかっても、自分の頭で考え、何とか解決する方法を見つける訓練をつむことが、物理、数学を学ぶことから得られる重要な能力で、理工学のどの分野においても新しい問題に対処できるようになるのです。

copyright(c)2003-2014 Aoyama Gakuin University College of Science and Engineering All Rights Reserved.