代表者:情報テクノロジー学科 鷲見 和彦
期 間:2018年6月1日~2023年3月31日

  • 構成メンバー ※2021年4月時点  (これまでの構成メンバーはこちら
    情報テクノロジー学科 教 授 鷲見 和彦 (代表者)
    情報テクノロジー学科 教 授 戸辺 義人
    情報テクノロジー学科 教 授 Lopez Guillaume
    情報テクノロジー学科 准教授 楽 詠灝
    情報テクノロジー学科 助 教 金子 直史
    情報テクノロジー学科 助 教 田谷 昭仁
    情報テクノロジー学科 助 教 横窪 安奈
  • 概要
    Internet of things (IoT) の普及と人工知能研究が活発化する時代を迎え,人間環境からコンピュータが取得できる情報の次元と情報量増大の中で,情報取得・分析・解析・理解と,それを人の生活品質(Quality of Life = QoL)へ生かしてゆくことをコンセプトに、「人間環境と人間行動」に関する研究をマルチモーダルにとらえ,「多次元センサ情報および映像による人間環境と行動のモデリング・理解・インタラクションの研究」としてチーム融合型研究として実施する.2018年度は,カメラで撮影した画像からの三次元部屋構造の推定や,深度カメラ画像からの人体体形と姿勢推定などの研究を中心に,視線入力などのインタフェイスや,学習支援・行動支援などの応用を研究する.
  • プロジェクト紹介