青山学院大学 理工学部

DEPARTMENT研究室紹介

機能物質化学研究室

指導教員 阿部二朗 教授
武藤克也 助教
テーマ 光とスピンが関わる機能性分子材料の合成、物性、電子構造に関する研究

研究内容

本研究室では、電子状態理論を武器とした合理的分子設計手法に基づいた物質合成と、物性解明を目的とした物性有機化学の研究を行っています。具体的には、光機能を有するフォトクロミック分子やスピン機能を有する有機ラジカルなどの機能性分子の研究に取り組んでいます。研究手法としては、有機合成化学、高分子化学、量子化学、光化学、スピン化学、電気化学を駆使し、基礎的な研究から、製品化を目指した真に実用的な研究まで行っています。物性研究で用いる主な手段は、分光計測(ピコ・ナノ秒時間分解分光法、円二色性分光、赤外・可視吸収分光、蛍光顕微鏡観察)、電子スピン共鳴分光、単結晶X線構造解析、電気化学測定、走査型プローブ顕微鏡測定、量子化学計算です。

また、国内の大学や化学系企業はもとより、海外の研究機関との共同研究も精力的に推進しており、学生とともに積極的に海外の研究者との研究交流を図っています。研究室で開発した高速フォトクロミック分子の高機能化に関する研究提案は科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業(CREST)に採択され、2010年10月から2016年3月まで5年半にわたって、高速フォトクロミック分子のさらなる高性能化と新しい機能の開拓を目指して研究を推進しました。また、2014年7月からは文科省科研費新学術領域研究「高次複合光応答」に計画班メンバーとして参画して、実働分子マシンの開発研究に取り組みました。2018年度からは科研費基盤研究(S)に採択され、可視光あるいは近赤外光に応答する非線形応答型フォトクロミック分子の開発に取り組んでいます。

最近の主な研究成果

研究室オリジナルサイト

研究者情報

教授:阿部二朗
学位 工学博士
所属学会 日本化学会、光化学協会、分子科学会、アメリカ化学会
研究分野 光化学、構造有機化学
研究者情報はこちら

助教:武藤克也
学位 博士(理学)
所属学会 日本化学会、光化学協会
研究分野 光化学、機能分子化学
研究者情報はこちら