化学・生命科学科概要

化学・生命科学科で学べること

  物質の構造や性質、反応を探求するとともに、生命現象の不思議にも深く迫っていこう

  「化学」とは物質の本質とその可能性を分子レベルから探求する学問。
これを基盤に、生命現象の本質を分子の性質とその相互作用に基づいて理解しようとするのが「生命科学」です。
今日、この2分野が果たす役割は大きく、本学科では、環境、生命、資源、情報をキーワードに、サイエンスとしての発展と、人類の福祉や豊かな社会づくりに貢献する工業の発展に寄与しようと尽力しています。
そこで、無機化学、有機化学、物理化学、分析化学、生命科学の5基幹分野を応用・発展させながら学び、将来、多様な領域に携わっていく研究者、技術者がもつべき知識や技術、手法を培い、柔軟な思考力を発揮できるように支援していきます。
基礎から先端領域までの多彩な講義、自ら確かめる数々の実験授業、そして、社会や産業との関わりを実感できる科目など、学ぶ意欲の応えるカリキュラムになっています。

学びの特色

5つの基幹分野を幅広くそして深く探求していきます。


無機化学

物質科学の観点から、金属が関わる化合物について学びます。
その構造や基礎理論から最新の研究成果まで、また他の化学との接点なども学んでいきます。

有機化学

現代社会は液晶や高分子材料をはじめとし、さまざまな有機化合物によって支えられています。
これらの有機化合物の構造と反応について、基礎から最新の研究成果まで学びます。

物理化学

化学的現象の構造やエネルギーに着目。これらを定量的、理論的に分析していきます。
また、他の化学との領域を接する最新研究についても学びます。

分析化学

あらゆる物質を分析するためのさまざまな技術や方法を学んでいきます。
物理化学の法則を基盤とした実験によって、その技術を身につけていきます。

生命科学

生体物質や代謝産物の構造、性質、生合成過程、生体内化学反応とその調整機構などを基礎として学んでいきます。
さらに遺伝情報とその発現調整、バイオテクノロジー、構造生化学などの分野を選択して学習することができます。

copyright(c)2003-2014 Aoyama Gakuin University College of Science and Engineering All Rights Reserved.